十二輪のタルト

十二輪のタルト

 

「お菓子を作ってくれる人を募集しています。」

 

始まりは、SNSの中で見たこんな一文でした。

 

ダメ元で、メールを送って見たところ。

返事は以外なもので、「リュケカフェさんらしさを出した企画をやってみましょう」というお話をいただき、話はトントン拍子に進みました。

 

そのお相手は東京で活躍中のスイーツフォトグラファー 本多 純 氏。

 

初めて本多さんの写真を見たときにこんな人がいるんだな
東京はやっぱりすごいなと憧れと同時に
地方だから無理だよねと諦めを同時に感じた。

 

一方的にリスペクトを寄せる、実際はあったこともない知らない人。

SNSは遠い人を身近に感じ、近い人を遠くに感じる不思議な距離感がある。

 

 

その方と共に、その名の通り一年の歳月をかけて作り上げた、

 

 

十二の月を日本の花とその時の旬な果実を用いて、タルトの上で表現したスイーツフォトプロジェクト。

 

「十二輪のタルト」

 

毎月様々な花と果実を見比べて、様々なアイディアを試作した一年間。

この作品を通してみなさまは何を感じられるでしょうか?

 

本日、ついにWebサイトが公開となり、

12月のタルトから、毎月その月のタルトを公開していく一年を通したWebサイトをつくりました。

 

何も持たずに始めた地方のカフェが本気で取り組んだ企画です。

拙い部分もあるかと思いますが是非ご覧ください。